留学しても自信を持って英語を話せなくて

こんにちは。英語についての相談です。
私は海外の大学院に留学中なのですが、英語がとても下手でグループワークやクラスメートの前で発言することができません。
「英語ができない」という思いが強く、自分の番が回ってくると緊張してよけいに話せなくなってしまいます。自分が思うほど他の人は私の英語を気にしていないとは分かっているんですが、開き直ってありのままぶつかってみることもできず、毎回ほとんど発言せずに授業が終わり自己嫌悪に陥ります。
村上さんが海外の大学で講義をされている様子を見たことがありますが、自信を持って英語を話されているように感じました。
村上さんは英語でコミュニケーションを取ることに対して尻込みしてしまうことはないのでしょうか。
いつまでも応援しています。
(ブレッド、女性、35歳)

こんにちは。前にも書いたことですが、大事なのは、伝えたいメッセージを自分がきちんと持っているかどうかということです。もしあなたの中にはっきりとしたメッセージがあるのなら、それをどんどんシンプルにしていけばいいんです。むずかしい言葉を使うことはありません。簡単な言葉にどんどんパラフレーズしていけばいいんです。それを心がければ、たとえ不十分な外国語であっても、そのメッセージをきちんと発信することはできます。相手はきっと耳を傾けてくれるでしょう。

いくら英語を流ちょうにしゃべれても、内容のない(あるいは内容の薄い)メッセージは相手に届きません。僕は自分の英語力に自信なんてまったくありません。もし僕に自信があるように見えたとしたら、それはたぶん僕のメッセージが基本的にクリアであるからだと思います。

村上春樹拝