小説に出てくる変わった名前

村上さんの小説に出てくる人って変わった名前が多いですよね。
先日、神の田んぼって書いてカミタって読みますって方に会いました。
実際にいらっしゃるとは思わなかった……その方は沖縄出身の方でした。
登場人物の名前って具体的に誰かの名前(ワタナベノボルさんは有名ですが)の場合もあれば全くの創造(ひらめき的なもの)もあるのでしょうか? 
青豆なんかすごく気になります。
(しまとうがらし、男性、56歳、自営業)

へええ、カミタさんも実際にいるんだ。僕は小説を書いているとき、いろいろとかわった名前を思いつくんですが、だいたいあとになって、その名前の人が実在していることが判明します。そのたびに、世の中は広いんだなとつくづく感心してしまいます。青豆さんも岐阜県にはたくさんおられるようですし。枝豆さんという人もきっとどこかにおられると思いますよ。

村上春樹拝