ハンガリーの大学生からの質問

村上先生

はじめまして。セシリアと申します。ハンガリーからメールを書いています。ハンガリーにもう来たことがありますか? 
大学生で20歳です。日本語を勉強しているけどちょっと下手に作文を書いてごめんなさい! どうぞよろしくおねがいします。
質問が二つあります。
一つ目は村上先生のライフスタイルについてです。普通に作家の性格が本のページに反映しています。でも村上先生のキャラクターが少し魔法みたいのシチュエーションの中に動いています。ちなみに不思議な論理を使って立ち振る舞っています。それなのに村上先生は毎日走っていて、ちゃんと本を書いています。エンジニアのように深刻に働いています。
纏めて、村上先生とキャラクターの思考は似ていますか? 
二つ目はいつかハンガリーに来る予定がありますか? 私の国には先生の本に興味がある人が沢山います。11冊の本が日本語からハンガリー語に翻訳されました。
お答えを待っています。
どうもありがとうございます。
(Cecilia、女性、20歳、大学生)

こんにちは。セシリアさん。

僕の小説の登場人物たちはときどき不思議な行動をしますね。その行動や、感じ方のロジックがよくわからないことがあります。どうしてそんなことを考えたり、おこなったりするのか? それは僕にもよくわかりません。そういう人物たちを頭の中にいったん作ってしまうと、その人たちは勝手にしゃべったり、行動したりします。僕はただそれを目にして、文章で記録しているだけです。

その人たちは、部分的には僕に似ているかもしれませんが、僕ではありません。部分的には他の誰か(Aさん)に似ているかもしれませんが、Aさんでもありません。物語の世界に生きている人です。本を開くと出てきて、本を閉じると消えてしまいます。

ハンガリーにはまだ行ったことがありません。そのうちに是非行きたいと思っています。いつも僕の本を読んでくれてありがとう。

村上春樹拝