羊男や鼠が恋しい

村上さんの本が最近まったく読んでも面白くなくなりました。
『ねじまき鳥』の後の作品は、いくら読んでも面白くなくてすべてをブックオフに売ってしまいました。翻訳ものからエッセイ、すべて読みました。なのに、今はまったくダメです。私が歳を取ったせいか村上さんの話が詰まらなくなったのか。私は羊男とか鼠とかが恋しいです。いるかホテルもワタナベノボルも。何だかとても悲しいんです。
(ぽっきー、女性、63歳、主婦)

残念ではありますが、そういうこともあります。僕が進んでいく方向と、あなたが進んでいく方向が少し違っていたというだけのことだと思います。そういうのって、考えてみれば当たり前のことかもしれません。別々の人間だし、別々の人生なんだから。またいつか何かの拍子に気に入っていただけたとしたら、僕としてはとても嬉しいですが。

村上春樹拝