スコットランドのくさいウィスキーが大好き

18歳の時からずっと変わらぬファンです。同じような話で恐縮なんですが、当時、大阪のジュンク堂でアルバイトをしていた娘が、村上さんのサイン本が手に入ったと言って、『走ることについて語るときに僕の語ること』の初版本を送ってきました。黒のやや太めのペンで書かれたサインと、鳥の絵の丸いスタンプが押されています。本物のサインだと信じております。ところで、私は若い頃からスコットランドのくさいウィスキーをロックで飲むのが大好きです。と言っても、ウィスキーのことにあまり詳しくはありません。たまに行くバーのマスターが選んでくれる、スコットランドのくさいウィスキーを言われるままに呑んでおります。ぜひ、お薦めのウィスキーを教えてください。
(リオママ、女性、56歳、教員)

そのサインはたぶん本物です。サインの隣に鳥のスタンプをよく押していました。僕の好きなウィスキーはアイラ島の「ラフロイグ」です。普段はベイシックな10年ものを飲んでいます。10年ものがいちばんラフロイグらしい味わいだと僕は思っているのですが。空港の免税店でときどき「ラフロイグ・カスク」を買ってきます。これも悪くないですが、やはり基本は「10年」ですね。

村上春樹拝