訳文に自分の文体が出ませんか

村上さんの小説と同じくらい、村上さんが選んで翻訳する小説が好きです。ちょこっとお聞きしたいのは、文体のことです。訳文を作っていて、ご自分の文体が出てしまうということはないのでしょうか。それとも、ナラティブと文体は一体のもので、自分の文体が出てしまうということはまずないことなんでしょうか。教えて下さるとうれしいです。
(革村同(革命的村上主義者同盟)世田谷細胞支部長補佐、男性、35歳)

翻訳をしているときに、自分の文体について意識することはまずありません。テキストに従って、訳文はごく自然に出てきます。翻訳の文体というのは水のようなものです。地形のままに流れ、容れ物によって形を変えます。それについてほとんど考える必要もないんです。なぜか。

村上春樹拝