文体がちょっとずつ変わっていますね

村上主義者27年で最近発見した事です。
今まで私は長編小説を出版順に読み返しながら、新作を待っていました。しかしふと思い付いて、つくる君・青豆さん・カフカ君と過去に向けて読み返してみました。すると文体の変化がよく分かって、違う楽しさがあったのです。遡って読む事で別の発見が出来るんだ、と春樹さんに伝えたくてメールしました。でもこれって、何を今さら的な話ですかね……。
カフカ君の時に春樹さんから頂いたお返事、私の心を今でも暖めてくれています。ありがとうございました。
(雪降る秋田よりpart2、女性、46歳、看護師)

そうですね。ちょっとずつ、ちょっとずつ、文体は変化を遂げていきます。僕も必要に迫られて、たまに昔書いたものを読み返すことがあるんですが、なんか文章に違和感みたいなものを感じることが多いです。それで自分でも「ああ、僕もちょっとずつ変わってきたんだな」とあらためて実感します。読者も変わり、著者も変わり、そのようにして時が粛々と過ぎていきます。僕の本をずっと読んできてくださって、ありがとうございます。

村上春樹拝