極々フツウの人なのに作家?

こんにちは。
村上さんと皆さんとのやり取り、楽しんでいます。

私の中では、作家って、不健康な生活を送りながら眉間に皺を寄せて何やらブツブツと言い、持て余したエネルギーを筆にぶつける、といった標準イメージがあります(これって坂口安吾のイメージですね)。
村上さんはそのイメージとは対極にいらっしゃるようで、村上春樹(呼び捨てにしてごめんなさい)って、極々フツウの感覚の持ち主なのに作家なんだー、と改めて感心しているところです。
健康的な生活を送っている村上さんの創作エネルギーは、いったいどこから湧き出てくるのですか? 

また、全く方向が違う話なのですが、私、この冬、失恋とほぼ同時に乗馬を始めました。
村上さんは乗馬の経験はありますか? 
馬はお好きですか? 

たくさんのメッセージ読み、眼精疲労がきっと大変ですね。
目薬でも差し上げられればよいのですが、心の中で応援だけしています。
どうぞ眼をお大事に……。
(虹吹さん、女性、38歳、会社員)

僕は小説を書いていないときはごくごく普通の人間ですが、机に向かって小説を書いているときにはちょっと(かなり)変な人間になります。その転換がわりにはっきりしています。でも、逆よりいいですよね?

目はだんだん疲れてきます。なにしろメールの数が多いですから。毎日目薬をさしてがんばっております。

村上春樹拝