二人に勧められたから読んでみた

村上さん。こんばんは。
私は同時期に二人(以上)の人から勧められたことは、とりあえずやってみよう、というのを人生の教訓にしています。
一人目、大学で出会った女性に村上さんの本を勧められました。
文学部の子でした。
二人目、それは見知らぬ男性からの電話でした。
その男性はなぜか村上春樹は凄い! 読むべきだ! と熱く語りました。
最終的にその男性からの会おうという誘いには乗りませんでしたが、二人に勧められたんだし、読むか、という事で村上さんの本を読むことになりました。
今思い出してみて、なんか不思議だなぁと思ったのでメールを送ることにしました。
こんな出会いがあってもいいですよね。
(実話です。、女性、37歳、主婦)

そうですか。そういうことがあったんですね。見知らぬ男性からの電話で僕の本を熱く薦められたというのもすごいなあ。でも結果的に僕の本を気に入っていただいてよかったです。よかったらこれからも読み続けてくださいね。

そういえば、僕は誰かに薦められて本を読んだことってあまりないですね。どうしてかな? 

村上春樹拝