「メッセージが君に届くか!?」

こんにちは。

先日『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の新潮文庫新装版を読み返したのですが、裏表紙のあらすじの終わりに、村上春樹のメッセージが、君に届くか!? と書いてありました。

個人的に村上さんの作品は限定的に世界の有り様を切り取ってそれを僕たちに提示してくれるという性質が強いように感じています。

なにかを意図して伝えようとする、という意味でのメッセージ性というのはなんとなく村上さんに馴染まないような気がするのですが、村上さんは何かしらのメッセージをこの作品に込められたのでしょうか。
(團十郎、男性、22歳、大学生)

いや、あの本にはとくにメッセージみたいなものは込められていません。意図して伝えたいというようなものもべつにありません。あなたのおっしゃるとおりです。でもまあ、「メッセージ」という言葉を広義に解釈すれば、「村上がそこで描きたかったこと」みたいなことになるかもしれませんし、それならそれで筋はとおるかもしれない。いずれにせよ、僕は裏表紙までなかなか読まないので、気がつきませんでした。

村上春樹拝