それは「あだな」ではありません

村上さんこんにちは。
もう20年近くも以前の話です。
「村上朝日堂」で村上さんが「あだ名」を付けてくれるという企画がありました。
私はその企画に応募し、見事に村上さんから返信メールをいただきました! 
ワクワクしながらメールを読み進めると、村上さんが私につけてくださった「あだ名」が! 
なぜか「ミシシッピ川」というあだ名でした。
私はこのあだ名を自分のミドルネームとして周囲に浸透させようとしましたが、なかなかこのあだ名は浸透せずせつない思いを抱えたまま月日は過ぎました。
でも、いつも心の中には「ミシシッピ川」が存在していました。
そして、月日は経ち、この企画を知りペンネームとして「ミシシッピ川」が日の目をみる時がきました。
村上さん、「ミシシッピ川」というあだ名をありがとうございました。
これからも使い続けます。
ずうずうしいお願いなのですが、私の主人が「自分も村上さんにあだ名をつけて欲しい」と連呼しています。
主人はごく普通のサラリーマンです。
情報が少なくて申し訳ないのですが、ぜひとも主人にも「村上さんのつけたあだ名」をお願いします! 
(ミシシッピ川、女性、41歳、無職)

こんにちは。それは「コードネーム」というものであって、「あだな」ではありません。あなたが僕に通信をおくるときに使う特別なネームです。あなたからメールが来ると、「ああ、ミシシッピ川からメールが来たな」と僕にはわかります。どちらかといえば「符丁」「合い言葉」のようなものです。俗世間であまり頻繁に使わないようにしてくださいね。変に思われますから。

ついでですからご主人にもコードネームを差し上げます。ご主人のコードネームは「オリノコ川」です。これからも仲良くお過ごしください。

村上春樹拝