村上春樹に助けられた男?

村上さんこんにちは。

実は村上さんにご承認いただきたいことがあります。
村上さんは覚えていらっしゃらないかもしれませんが、30年以上前、国分寺にピーター・キャットがあった頃、お店のトイレに閉じ込められたのを助け出していただいたことがあります。
近くの大学に通っていた僕は友人たちと学校の帰りによくうかがわせていただいておりました。
ある日お店でトイレを利用して、用を足した後ドアを開けようとするとドアのノブの調子が悪く、開かなくなってしまいました。ちょっと焦りましたが、そのうち次にトイレを利用する人がやってきたので、ドア越しに、ドアが開かなくなってしまったことを話すと、お店の方に伝えてくれ、ドアノブをがちゃがちゃやっているうちにドアが開き、僕は無事解放されました。
それでその時ドアを開けてくれたのが村上春樹さんだったという訳です。
ドアが開いた時、そこに跪いてこちらを見上げていた村上さんの顔を今でも覚えています。

その後、村上さんが作家として活躍され、何かの時に知人と村上さんの話題になると「僕は昔、村上春樹にトイレから助け出されたんだぜ!」と自慢話(はたしてそれは自慢話なのかはわかりませんが)をしているのですが、話を聞いた人は「へぇ~、すごいね」と言いながら、どこか疑わしい感じなのです。
それで、この機会にぜひとも村上さんご本人に、

「村上春樹にトイレから助け出された男(本人承認済み)」

という承認をいただけませんでしょうか?
仮に承認をいただけたとしても「これは村上さん本人の承認済みなんだぜ」と僕自身が言うのでは信憑性ということではあまり変わらない気もしますが、それはいいのです。
ぜひともよろしくお願いします。

ピーター・キャット、懐かしいです。
(ヒデユキ、男性、59歳、会社員)

そうですか。そんなこともあったのかもしれません。しかし国分寺時代って、毎日のようにいろんな大変なことが起こっていたので、その程度のことはよく覚えていないんです。トイレのドアになにか問題あったかなあ? うーん、思い出せません。昔のことなので、僕の記憶は深い霧の中にあります。というわけで、あなたに承認を与えることはちょっとできそうにありません。お役に立てなくてすみません。

村上春樹拝