秘伝・読書感想文克服法

はじめまして。村上さんにおりいって質問です。
私が勤める会社(地方の出版社です)では、毎年お正月休みに読書感想文の宿題が出ます。

感想文は、全社員に共有されるので、あんまり適当なことを書くわけにもいかず、毎年何を書こうか悩みのタネです。
本を読むのも、文章を書くのも嫌いじゃないのに、感想文を書かなきゃと思って本を読むと、なぜだか内容がぜんぜん頭に入ってきません。

読書感想文をさらりと書くコツがあれば、ぜひ教えていただけないでしょうか? 
(青猫、女性、40歳、会社員)

よくぞ訊いてくれました。僕は昔から読書感想文を書くのが得意でした。読書感想文を書くコツは、途中でほとんど関係ない話(でもどこかでちょっと本の内容と繋がっている話)を入れることです。それについてあれこれ好きなことを書く。そして最初と最後で、本についてちょろちょろっと具体的に触れる。そうするとなかなか面白い感想文がすらすら書けます。やってみてください。

僕は高校時代、他の人のかわりに課題の読書感想文を書いてあげて、お礼に昼ご飯をおごってもらっていました。昔から今と同じようなことをしていたんですね。

村上春樹拝