『1Q84』のラストに一言

どうしても村上さんに一言、言いたいことがあります。『1Q84』のラスト部分についてです。私は産婦人科医なので、青豆が妊娠しているのに一度も病院に行かないのがどうしても違和感がありました。更に加えて、ラストの青豆と天吾が結ばれるくだり。妊娠中の性交渉はあんなに激しくはダメです。しかも避妊具もつけないなんて! 全世界にファンがいて、多くの人に読まれる作品ですので、世間の人々に与える影響を考えると、怒りさえ湧きます。村上さんの作品のほとんどはとても好きですが、『1Q84』はあのラストで一気に夢が覚めてしまった感覚になりました(職業病なのかもしれませんが)。
(ゆきさん、女性、38歳)

さっきその部分を読み返してみたんですが、そんなに激しいことはしていないように僕には思えます。これくらいでも駄目なのかな。「ゆっくりだったら、一回くらいいいじゃないか」と思ったんですが。いずれにせよ、ご心配をかけて申し訳ありませんでした。

でも結果的には大丈夫で、青豆さんはコスタリカに行って、無事に女児を出産なさいました(という話を風のたよりに聞きました)。ご安心ください。

村上春樹拝