目玉焼きの食べ方という深遠な問題

こんにちは。主婦歴6年目の者です。
私は毎朝、目玉焼きをつくります。
主人はそれを、毎朝、黄身の部分だけを食べてから、白身を食べます。
私にはその食べ方が理解できません。
別に気にならないときにはならないんですが、たまに、すごく嫌な感情を抱いてしまいます。
かといって、それを主人にどうこう言うのも、間違っていますよね? 
いっそ、目玉焼きを作らなければいいんですが、それも嫌なんです。

ところで村上さんは、黄身だけ先に食べる派ですか? 食べない派ですか? 

くだらない質問でごめんなさい。
(赤毛のアン、女性、33歳、主婦)

くだらない質問なんかじゃないですよ。目玉焼きの食べ方はとても奥深い問題です。黄身にナイフを入れちゃうと、黄身が皿にあふれ出して、収拾がつかなくなりますよね。それを嫌うかたはたくさんおられます。おたくのご主人もきっとそうなのでしょう。僕はかまわずに黄身を皿にあふれ出させ、最後にトーストでそれをすくって食べることにしています。でも正直言ってあまり美しい光景ではないですね。それはそれであなたの気にさわるかもしれません。

昔「君が代」の替え歌をつくったことがあります。「黄身がよくて、白身がまずけりゃそれは、うまい目玉焼きとは言えない……」というものでした。替え歌、ま、いいですよね、これくらいは。

村上春樹拝