暴かれたくない過去とどう付き合うか

村上さんこんばんは。
こんな質問を読んで下さってありがとうございます、と先に申しておきます。
わたしは学生時代、品のない奇行を繰りかえしたせいで周囲から所謂あばずれというレッテルを貼られていましたが、くだらない噂はあまり気にしないようにしていました。
しかし、社会人になってから出会ったとても素敵な今の彼が、わたしを噂していた人々と接点があることが分かりました。もしあの噂が耳に入っていたら、と思うとどきどきしてしまいます。今はふるまいも落ち着いていて、その噂さえなければただの地味でおとなしい人間にしか見えないと思うのです。彼ががっかりするのも悲しいですし、奇行おんなと付き合っているぞと言われるのも気の毒でなりません。
みんなが言うほどあばずれじゃないのよ! とわざわざ申し出るのも変ですし、一体どうしたらいいでしょう。
長くなってしまってごめんなさい。村上さんは、女性に関する悪い噂は聞き流せますか? 
(すこし枯れた木、女性、24歳)

品のない奇行? いったいどんなことをされていたのでしょう? それがわからないと、僕にもなんとも意見の申し上げようがありません。もう少し具体的に書いていただけるとありがたいんだけど、ひょっとして「書くのも恥ずかしい」というようなことなのでしょうか?

人は人生のある時期には妙なことをするものです。ある人は少し妙なことをしますし、ある人はかなりすごく妙なことをします。僕にだって思い出すだけで恥ずかしいことはいくつかあります。でも大事なのは今です。過ぎ去ったことはあまり気にしない方がいいですよ。

村上春樹拝