なぜ小説に桃の缶詰が?

【管理人より】この質問と回答の一部は、村上さんの『1Q84』の重要な部分について書かれています。未読の方はご注意ください。



村上さん、メール疲れしていませんか? 
私は、『ねじまき鳥クロニクル』を何度も読んでいるなかで、牛河のことが気になって『1Q84』を3巻目から読みました。(図書館に3巻目のBOOK3しかなかったせいでもありますが)『1Q84』の牛河が殺されたのは、切なかった。『ねじまき鳥』の牛河だったら、殺されなかったろうに……。
ところで村上さんは、桃の缶詰が好きなんですか? よく出てくるような気がするのですが。
(アッシュ、女性、46歳)

桃の缶詰、僕はとくに好きじゃありません。でもなぜか心がぐいぐい惹かれるんです。スプーンで缶詰の桃をすくって食べるときの、あの「かしゃっ、かしゃっ」ていう音がもうたまらないんです。だからつい小説の中に出してしまいます。桃の缶詰、あなたはお好きですか? 

村上春樹拝