私の父は同窓会が大好きなんですが……

田舎に住むわたしの父は、なぜだか同級会というのが好きらしく、60歳を超えたいまも毎月のように会を主催しては友人との交流を楽しんでいるようです。年に一度は「修学旅行」と称して一泊二日の旅行にも出かけています。家族との外食や旅行はなにも企画しないのに、同級生との集まりでは優秀な幹事として頼りにされている父。わたしは小さい頃からよく「友人を大事にしなさい」と言われて育ちましたが、父はそれを本当に忠実に実践している様子です。そんなに頻繁に会って話すことなんてあるんだろうかとこっちは不思議に思うのですが、本人たちが楽しいんだからしょうがないですね。

これを書いている今日、わたしは数年ぶりの同級会に顔を出す予定でいます。楽しみなような、億劫なような、不思議な気分ですね。

ところで村上さんは、昔の同級生に会われたりすることはありますか? またそういう集まりに参加したりしますか? わたしの父と村上さんの年齢が近いので、そんなことが気になりました。
(ささきる、男性、34歳、会社員)

僕は同窓会みたいなのには出たことがありません。過去に戻ることがあまり好きではないので。昔のことを考えるとたらたらと冷や汗が出ます。もちろんそれはあくまで僕自身のせいであって、過去に罪はないんですが。

村上春樹拝