短編「イエスタデイ」で爆笑しました

村上さんこんにちは。もうすぐ36歳になる年女の者です。16年前にも村上さん宛てにたくさんメールを送り、いくつかお返事をいただきました。その節はありがとうございました。
村上さんの小説にはところどころ声を出して笑ってしまう箇所があって、面白くて大好きです。「イエスタデイ」では何度か爆笑しました。そこで質問なのですが、そういうおもしろ部分はやはり「笑わせてやろう」という意図で書いていらっしゃるのでしょうか。
(パン母、女性、35歳、公務員)

とくに「読者を笑わせてやろう」と思って書いているわけではありません。ただ僕は自分が楽しみながら書いているだけです。書きながらにこにこしちゃうことはあります。朗読会なんかでも笑っていただけると、とても楽しくなります。何によらず、ユーモアの感覚って大事ですよね。うちの奥さんは「もう、けっきょくは関西人なんだから」と言ってますが。

村上春樹拝