ロンドンで「ムラカミ」を語り合える歓び

ロンドン在住です。ガーディアン紙にこのサイトの事が記載されていて知りました。
『遠い太鼓』に影響を受けて渡英して15年以上になります。以前ロンドンで講演をされた際に、当時発売されたばかりの『海辺のカフカ』(日本語版)にサインをいただきました。あの時も大勢のサインでお疲れだったと思うのですが、英国でも大人気なのは、日本人の私たちにとって、本当にありがたいことです。日本といえばスシ、フジヤマ……というイメージが、「ムラカミ」に変わり、一般的な日本人像がすごくクールになりました。
そして何より、日本語で読んだ物語を、各国の人と語り合えるのは嬉しいです。『ノルウェイの森』を読んだスウェーデン人の同僚は「私の気持ちをどうしてこんなにわかるんだろう!」と言っていました。私には読書家でマラソンも走ったことがあるイギリス人の夫と、20代のジャズピアニストの継息子がいて、どちらももちろんムラカミ作品ファンです。
こうした海外での人気も、村上春樹さん自ら英語の翻訳の手配をされ、疲れるサイン会なども開催されて、翻訳文学が少ないといわれる英語圏の市場を独力で開拓してこられたおかげなのですから、すごいことだと思います。
私自身も翻訳に携わっていて、ある賞をとって日本文学の英訳プロジェクトに関わりかけたのですが、いわゆる日本政府の「事業仕分け」でプロジェクトがなくなってしまいました。知り合った日本文学の海外エージェントも店じまいしてしまいました。
まだまだムラカミ作品以外は、海外展開に苦戦していると思うのですが、先駆者として、日本語の作品を海外に出して行く上でのアドバイスやご意見があればおきかせください。
(Bluepines、女性、50歳)

最初に英語訳を出してから、欧米マーケットでブレークするまでに時間がかかりました。最初の十年くらいはけっこう大変でした。いろんなことがすらすらとうまく流れ出したのは2000年くらいからだったと思います。現地のエージェントや編集者たちや翻訳者たちと、時間をかけて良い関係を確立していくことも大事なんだなと実感しました。本を書くだけ書いて、「おまかせするからあとはよろしく」みたいな姿勢ではなかなかものごとはうまく捗りません。出版というのは心持ちが意味を持つ仕事ですから、人と人との繋がりが大事になります。海外にも、もう25年くらい一緒に仕事をしている、友だち同然の人たちがいます。彼らは僕にとっての大切な財産です。

でも結局のところ、読者と作者とのあいだの信頼感がいちばん大事です。この作家の次の作品が出たらとにかく買って読まなくちゃ(決して読んで損はしないだろう)、という気持ちを読者に持ってもらえること。次の本が出るのを待ってもらえること。いったんそういう直接的な繋がりが生まれれば、いろんなことがうまく流れ始めます。それは日本でも外国でも同じです。

村上春樹拝