バルセロナで聞いたスピーチに感動

村上春樹さま
はじめまして、ラモンと申します。
私は、スペインのカタルニアに住んでいます。今まで、私は、カタルニア語とスペイン語と英語で村上さんの本を、すべて読みました。
村上さんの本は、どれも好きで、新しい本をいつも楽しみにしています。
ところで、私は3年前に日本語の勉強を始めました。その理由は、村上さんの本を日本語で読みたいと思ったからです。
まだまだ、日本語を勉強しなければ、村上さんの日本語の本が読めません。
だから、今、日本語をいっしょうけんめい勉強しています。
いつか、村上さんの日本語の本が読める日を夢見ています。

2011年に、カタルニア国際賞を受賞されたとき、村上さんのスピーチに、感激しました。
外国の中でも、カタルニアに“ハルキスト”が多いように思います。
文化も違うし、言葉も違います。でも、何か共通したものがあると思われますか? 
村上さんは、外国語の監修(かんしゅう)をされていますか? 
村上さんが、今、一番愛するものは、何ですか? 

色々な質問を書きましたが、もし、お返事をいただけたら、とても嬉しく思います。

ラモン カタルニアのベルガより
(Ramon、男性、49歳)

おかげさまで、バルセロナではとても楽しい、充実した時間を送ることができました。僕の本が好きだという人にもたくさんお目にかかりました。よかったです。

日本語の勉強は大変だと思いますが、がんばってください。早く僕の本が日本語で読めるようになるといいですね。あなたのためにも、あまりむずかしい漢字は使わないようにしますね(というのは冗談です。もともとあまり使いません)。

僕は英語の翻訳はいちおうチェックしますが、スペイン語は読めませんので、チェックはできません。でも翻訳者の多くは英語版をreferenceのように使っているようなので、それが何かの役に立っているかもしれません。

村上春樹拝