安西水丸さんを悼む気持ち

安西水丸さんが亡くなられました。村上さんは、安西さんの追悼のようなコメントをお出しになってないように思います。深い思いが感じられます。
「いいお酒が手に入ったので一杯やりませんか」というような会話がされていたような感じが随筆からは感じとれます。
(快刀乱麻、男性、52歳、会社員)

僕は水丸さんが亡くなってすぐに、「週刊朝日」に追悼の文章を書きました。長いつきあいだったし、やはり何かは書いておかないといけないだろうと思って。もしよかったら、どこかでバックナンバーを探して読んでみてください。そのほかにはどこにも書いていません。あえて理由は書きませんが、亡くなった人について、亡くなってすぐにあれこれ語るのは、正直言って僕はあまり好きではないんです。このサイトではちょくちょくと水丸さんの思い出について語っていますが。

村上春樹拝