どんな時に物語がやってくる?

村上さん、こんにちは。
私は、村上さんの小説によって人生を救っていただきました。若いうちに村上さんの作品に出会えたことが本当に今の時代に生きていて良かったと思う最大の理由です。そこで、村上さんの作品が出てくる時について質問させて下さい。
村上さんは物語が向こうからやって来てそれを文章にするだけとおっしゃいます。それらの物語は小説を書こうと机に向かって集中した時のみにやってくるのですか?  それとも生活している時、例えば走っている時やお風呂に浸かっているときにやってくることもあるのでしょうか? 
(Niko、男性、37歳、会社員)

こんにちは。いつも本を読んでいただいて、ありがとうございます。物語は集中したときにしかやってきません。だから僕は集中力をなにより大事にしています。だいたいは机の前に座って文章を書いているときに姿をあらわしてきます。森の獣と同じです。こちらがじっと腰を据え、息を凝らして見守っている必要があります。走っているときや、お風呂に入っているときに、ちょっとしたアイデアが浮かぶことはたまにありますが、アイデアと物語とはまた別のものです。

村上春樹拝