お酒が飲みたくなる小説

村上さんこんにちは。
僕は村上さんの本を読んで一時期ウイスキーばかり飲んでいた時期がありました。とても面白い本で、今でもたまに読み返しては一度スコットランドのアイラ島へ行ってみたいなと考えます。
村上さん自身は誰かの本を読んでこのお酒が飲みたいと思った経験はありますか? 
(ノンシュガー、男性、29歳)

ヘミングウェイの『日はまた昇る』を読んでいると、なんだかやたらワインが飲みたくなってきます。あそこに出てくる人たちって、みんなすごくおいしそうにワインを飲むんですよね。試してみてください。

村上春樹拝