婚活の果てに、もう心が折れそうです

村上様
恋人がいない、結婚できない、という質問が非常に多いとのこと。
村上さんは、それに対し、とにかく外に出て人に会うように、と助言されていました。
私は、35万円払って結婚相談所に入会したり、インターネットサイトに登録したりして、結構な人数の男性にお会いしたのですが、その度、極寒の水元公園でフリスビーをさせられたり(対応する私も私ですが)、まともに仕事をしていなかったり、公開している写真が15年前のものだったので実際はおじいさんみたいだったり、土木工事やコピー機の話ばかりをされたり、お母様がUFOを信じる会に入っていたりで、もう心が折れそうです。
それでもまだ続けてみる価値はありますでしょうか。
もしくは、別の探し方をした方がよいのでしょうか。
なぜなら、上記のようなことも、好きな人であれば、全然気にならないと思われるからです。
ですが別の探し方をする場合、相談所やネット以外でどんな探し方が考えられるのか、私にはもうよくわからなくなってきました。
年齢的に切羽つまっています。
どうぞよろしくお願いいたします。
(さば、女性、43歳、コンサルタント)

そうですか、入会するのに35万円もかかったんだ。ずいぶん高いものなんですね。でも今のところ、まだ元はとれてないんだ。たしかにそれはめげるかもしれません。

僕が「外に出て人に会いなさい」と言ったのは、そういう相談所やインターネット・サイトみたいなところではなく、もっと一般的な集まり、たとえばスポーツサークルとか、読書クラブとか、そういうところのつもりでした。少しでもいいから、自分の住んでいる世界の周縁を自然に拡張していけばいいのではないかということです。自分の生活をより豊かにし、視野を広げ、それと同時に新しい人と知り合う機会を増やすということです。新しい空気を取り入れていく。よくわからないんだけど、そういうことって、むずかしすぎるのでしょうか? 

村上春樹拝