アメフトよりも断然、相撲でしょう!

こんにちは。
アメリカに暮らして二十年たちます。
こちらで国民的なスポーツと言えば、やはりフットボールです。夫は日本人ですが、この季節は息子と一緒によくテレビでフットボールを見ています。しかし私は、どうしてもフットボールが好きになれません。すぐにプレーが止まってしまうし、あちこちで取っ組み合いをしていて、何が起こっているのかわかりません。
その点、「相撲」はルールがわかりやすく、一話完結型でさっぱりしています。海外に住んでいながら私はいつも、国際放送でダイジェスト版を楽しみに見ています。(ライブ放送もありますが、さすがに真夜中なので、録画してまでは見ませんが)まわし一丁にちょんまげというスタイル、しこ名、土俵上の所作、どれをとっても、相撲ほど味のあるスポーツはないと思います。フットボールと相撲のどちらを見るかと言われたら、村上さんはどちらをとりますか。
(オカメインコ、女性、55歳、主婦・日本語教師)

現実化はかなりむずかしいと思いますが、小澤征爾さんとフットボールのゲームを一緒に見ると、あっという間にアメフトのファンになれます。僕も二度くらい、アメリカで小澤さんと一緒にゲームを見て、となりで熱く詳しく試合状況を説明してもらって、それでけっこうそのスポーツのファンになってしまいました。それまではルールもほとんど知らなかったんですが、今ではスーパーボウルを楽しみにしています。小澤さんはほんとにフットボールの伝道者のような人です。その熱情たるやすごいですよ。

村上春樹拝