目立ちたがり屋じゃありませんよね

こんにちは。村上さんご自身について、聞いてみたいことがあります。
村上さんはどんな気持ちで本を出しているのですか? どちらかというと、村上さんは目立ちたがり屋というわけではないように思いますが、村上さんの新作が出るたびに世の中は祭のようになっていますよね。あのような状況をどう感じていますか? 「本を書く」という自分の好きなことでご飯がたべていけるならそういった状況もまぁ有難いな、という感じなのでしょうか? 
(みさこ、女性、32歳、会社員)

本の中身を書くのが僕の仕事です。それを本として制作するのは出版社の仕事であり、それを販売するのは書店の仕事です。本を買ってくださるのは読者のみなさんですし、それを話題にして取り上げるのはメディアの仕事です。僕らは好むと好まざるとにかかわらず分業の世界に生きています。誠実に本を書くという以外に、僕にできることはほとんど何もありません。映像メディアにあえて登場しないというのが、そのような現象に対して僕にできる唯一の意思表示だという風にお考えいただければと思います。

村上春樹拝