死ぬべき運命にある登場人物

【管理人より】この質問と回答の一部は、村上さんの『1Q84』の重要な部分について書かれています。未読の方はご注意ください。










『1Q84』のタマルは、言うことやることがいちいちクールでハードボイルドでかっこいいですが、牛河をあんなふうに殺してしまうのはひどすぎます。
村上さんは、牛河に恨みでもあったのでしょうか? 恨んでいた人がモデルだとか。
(ひつじママ、男性、47歳、地方公務員)

僕も牛河さんのことは個人的に好きですよ。でも小説的には、あの人は死ぬべき運命にある人だったのです。『海辺のカフカ』のナカタさんが最後に死んでいかなくてはならないのと同じように。そのへんをご理解ください。

村上春樹拝