日本と韓国を遠ざけるメディア

村上さんお願いします、意見を頂きたいです。
私と、私の父は日本生まれ日本育ちの日本人ですが、韓国の血が流れている在日韓国人です。私はただそれだけの理由で、韓国が好きです。無論、日本も大好きです。
こういう家柄もあり、韓国に何度か行ったことがありますが、出会った韓国人はみんな、私たち日本人のことを温かく迎えてくれて、日本が大好きだと言ってくれました。

しかし、ネット上では、猛烈な嫌韓思想の方々の意見を目にすることが頻繁にあります。
その度に私は、日本のメディアを恨みます。
なぜなら、日本のメディアのせいで、多くの日本人が、「韓国人は日本が大嫌い」だと勘違いしているからです。日本のことが嫌いな韓国人も少しはいると思いますが、日本のメディアはその部分しか伝えないのです。
もしかすると韓国のメディアも同じことをしているのかもしれません。
私はこの現状に納得がいきません。もっとお互いを好きになっていいと思うのです。

この日本と韓国の関係はどうすれば改善できると思いますか。
(もし村上さんが嫌韓思想だったなら、申し訳ありません。)
(ただの日本人、男性、20歳、大学生)

僕もメディアがことさらそういう面を取り上げて報道しているという感触を持っています。メディアというのはどうしても目立つこと、事件性のあることをニュースとして取り上げますし、それはまあある程度仕方ないこととは思うのですが、でも事実の歪んだ一面だけが強調される傾向は良くないですよね。健全なことではない。緊張がことさら強調され、まっとうな妥協を恥とするような機運がつくられていくのを目にするのは、心痛むことです。

僕は世界を旅行して、隣同士の国でものすごく仲が悪いという例をいくつも目にしてきましたが、(いろいろと事情はあるにせよ)そういう間柄は本当に不幸だと思います。もっとお互いをよく知り合い、仲良くなりたいものです。そういう意味で、僕の小説が韓国で多くの人に読まれているというのは、僕にとってはとても嬉しいことです。歴史認識みたいなことに関して言えば、僕にも僕なりの意見がありますが、ここでそういうことを述べると、話がいささかややこしくなるので、とりあえずパスします。

村上春樹拝