面食いは一生面食いのまま?

ウイスキーを飲んで少し酩酊しています。今まで村上さんに二通ほどメールを送りましたが、正直に自分が悩んでいることを書こうと思います。
ある時、僕はパートナーを選ぶときに、性格よりも顏を重視していることに気がつきました。
たとえ美人でも、性格が合わなければ本末転倒なのに、相手の容姿が自分の中で大きな位置を占めてしまうんです。
考えてみると、僕自身、自分の顔に自信がありません。おそらく、自分の容姿がコンプレックスなんです。自分の顔が好きになれないから、パートナーにきれいな容姿を求めるのだと思います。
人間、外見より中身だと多くの人はいいます。僕もそう思うし、外見で人を判断することに情けなさと恥ずかしさを覚えます。
でも、美人な女の子が隣を歩いていた方が、周りからも一目おかれますよね……そんなしょうもないことを考えてしまうんです。
僕は一生このままなのでしょうか。
(ロンメル将軍、男性、24歳、大学院生)

僕の経験から言いますと、面食いの人は一生面食いのまま終わるみたいです。それはもうしょうがないことのようです。誰が見ても美人という、見栄えの良い女の子にしか心を惹かれない。そういう傾向は変えようとしてもまず変えられないんです。僕もそういう人を何人も知っています。だいたい間違った人と一緒になって、あとで後悔します。

僕だってもちろん僕なりに外見にこだわりますよ。でも僕の好みは普通の人の好みとはちょっとずれているみたいなので、それはわりに楽かもしれません。「この人のほんとうの美しさは僕にしかわからないんだ」という風に思えると、人生なかなか楽しいですよ。

村上春樹拝