性描写がどうしても嫌です

こんばんは。『少年カフカ』以来でしょうか。こういう場が出来ている事を嬉しく思います。
いつも作品楽しく読ませていただいてます。
ただ、一つどうしても嫌な事があります。
性描写の多さです。
作品が求めているとか、人間と性とは切り離せないとかあると思うのですが、どうも気恥ずかしい。受け入れ難いものがあります。
楽しく読ませていただいてるだけに、心苦しく、不快に思ってしまいます。
気分を害されたのならすいません。
でも、どうしても嫌なのです。
それについてどうお考えでしょうか。性描写の有るバージョンと無いバージョンを売り出して欲しいのです。
無理だとは承知なのですが、お考え願えませんか。
(ありんこ、女性、30歳、主婦)

性描写、あなたにとって読みづらいかもしれませんが、僕の書く小説からはどうしてもはずせないものです。僕もとくに好きで書いているのではありません。話を面白くするために書いているわけでもありません。物語にとって必要だから書いているんです。ある意味ではあなたの心のある部分をこじ開けようとしています。申し訳ないとは思うのですが、どうかそのへんをご理解ください。

村上春樹拝