好きな作家は筒井康隆さんです

好きな作家は、村上春樹さんと答えるのは当たり前過ぎて恥ずかしいので、筒井康隆さんと言うことにしています。筒井さんの小説もおもしろいですよ。読んでみてください。
(センスオブワンダー、男性、49歳、会社員)

僕は高校時代から筒井さんの小説はよく読んでいますよ。僕がよく覚えているのは、マスターベーションをするたびになぜか空間移動してしまう青年の話で、その青年の名前が「千益夫(せん・ますお)」でした。「よくもまあ、こんなくだらないことを考えるなあ」というのが僕の感想でした。面白かったけど。当時の筒井さんはとにかくぶっ飛んでいましたね。

村上春樹拝

(管理人註)千益夫が登場する作品は「郵性省」。『陰悩録――リビドー短編集』(角川文庫)所収です。