箱根駅伝優勝で母校愛がめきめき

春樹さん、こんにちは。
春樹さんは箱根駅伝って興味ありますか。僕は今まで、それほど興味がなかったのですが、今年は違いました。なぜかというと、我が母校、青山学院大学が往路・復路を制しての完全優勝だったからです。
卒業して30年近くたつと、母校のこととか意識することは普段はほとんどありません。ただ、こういうことがあると、テレビでも新聞でもネットでも、いろいろなところで、青学、青学って言っているので、ついつい、学生時代の楽しかったことを思い出したり、箱根駅伝グッズなんてものを買ってしまったりと、「母校愛」がめきめきと頭をもたげてきています。
いい正月でした。
(こじましゃ、男性、50歳、公務員)

おめでとうございます。アオガクっていうと、なんかお洒落で軟派みたいな印象があるのですが、駅伝がんばりましたよねえ。かっこよかったです。箱根駅伝の優勝って、並みの努力ではできないと思うんだけど、なんかさらっとやっちゃった、みたいな感じでした。来年も楽しみですね。早稲田もなかなか勝てないです。「母校愛」というほどのものはほとんどないですが、走ることになるとWのマークはちょっとくらい気になるかも。

村上春樹拝