かけた呪いの解き方

暗い相談で恐縮なのですが。
私は青春時代に、当時の親友と大喧嘩し、最後に強烈な呪いの文句を吐いて、絶縁してしまいました。30代も半ばを迎え、友人というのが得難いものだと思い知らされ、空虚な感じを味わっています。
特に後悔しているのが、相手に「呪い」をかけてしまったことです。同じ絶縁するにしても、あんなことはするべきじゃなかったかなと深く後悔しています(まさに「穴二つ」です)。
人にかけた呪いを解くには、その人に会う以外に方法はないでしょうかね。もうどこに住んでいるかも分からない(もと)親友です。
何かアドバイスをいただければ幸甚です。
(匿名希望、男性、33歳)

よく僕に訊いてくれました。呪いについては一家言ある村上です。誰かにかけた呪いを解くには、いつもかまぼこをもって歩くしかありません。そして猫を見かけるたびに、そのかまぼこをちぎって猫にあげるんです。そしてそのたびに「呪いはなし」とおまじないをとなえます。そうすれば呪いはとけていきます。かまぼこのお礼に、猫たちがあなたを助けてくれます。本当ですよ。

『うさぎおいしーフランス人』という僕の本の中に、「のろい呪いは神経が疲れる」という話を書いています。呪いについて学術的考察をおこなった労作です。一度読んでみてください。

村上春樹拝