ほとんど見ない、あまり読まない

村上さんこんにちは。またこういう機会を作ってくださってありがとうございます。感激です。

村上さんは以前エッセイで、テレビを見ない(新聞も読まない?)とおっしゃっていましたが、それは今も変わらないのでしょうか。

私にとってテレビはなかなかに面白い箱です。
時々離れて、「なくてもいいや感」をしばらく味わったあと、また「なかなかに面白い箱」に戻ります。もう切っても切れない関係にあるのだと思います。
(トリ、女性、35歳、グラフィックデザイナー・ 絵描き)

僕がテレビ放送をほとんど見ない理由のひとつは、ごく単純に物理的に「うるさい」からです。声が甲高い。そしてコマーシャルが多い。とくに健康食品・薬品の宣伝が多すぎる。コマーシャルのない某放送局はおおむねつまらない(あの会長にもかなり問題があるみたいですね)。野球中継を見るときも、よく音声を消して、音楽を聴きながら見ています。

新聞をあまり読まない理由は、あの文体がどうも好きになれないからだと思います。まあ、新聞の文体を気にする人もそんなにいないかもしれませんが。


村上春樹拝