漂泊の旅に出ることを夢想しています

こんにちは。
Webサイト、連日の盛況、お慶び申し上げます。

さて、わたしは57歳、技術者というか科学者というか、そういう仕事に就いています。妻1人、娘1人、ペットはいません。
仕事も、家庭もけっこう煮つまっております。しかし、あと3年したら、
1.一人娘は成人し、
2.私は定年に、
3.家のローンは完済に、
なります。金属の状態図でいえば、三重点ってやつです。
そうなったら、私は家族をあとに、お気に入りのカメラ1台を持って漂泊の旅に出ることを夢想します。
実行にうつしたら、それは無責任というか人非人的すぎるでしょうか。
悩みます。
(人でなし、男性、57歳、研究職)

いえいえ、人非人だなんて思いませんよ。いいじゃないですか。本当にそういうことを望まれているのなら、奥さんに頼んで、しばらくのあいだ漂泊の旅に出させてもらったらいかがでしょう? 決して「駄目よ、そんなの」とは言われないと思うんですがね。ただ、僕は思うんですが、三、四日漂泊の旅をやると、けっこう飽きちゃいますよ。そのうちに家に帰りたいなと思うようになります。「やっぱ、家っていいよな」と。少なくとも普通の人はそうです。試しにいちどやってみてください。

村上春樹拝