自分が好きなように生きるには

おはようございます。村上さんの本、高校生のころから大好きです。
23年間営業の仕事をしてきました。昨年、解雇になりました。
幼い頃より人に気を遣うというか人の目を気にして生きてきました。
勝手に疲れてしまい、もう気にせず自分の好きなようにしてやると思うのですが、自分の好きなようにできません。
何か、コツのようなものがあるのでしょうか? 
教えてください。
(大島、男性、46歳、無職)

そうですか。大変ですね。それで次の職はもう見つかったのでしょうか? うまくいくといいですね。

僕はある時点から、なんとなく「好きにやっていく」というパターンに入ってしまって、以来ほとんど好きなことだけをして人生を生きてきました。もちろん逆風を受け、なにかと痛い目にはあってきました。多くの人に疎まれたり嫌われたり、あるときには憎まれ、裏切られたりもしました。日本でうまく住んでいけなくて、外国をずいぶんうろうろしました。それでもその生き方は変えませんでした。今でも好きなことだけをして生きています。いやなこと、性格に合わないことは一切やりません。おかげで交際範囲は狭く、友だちは少ないです。

これはもう生き方の根幹に関する問題であって、コツとかそういうことではないみたいです。また教えたり教えられたりできることでもないように思います。これでは、あなたの質問に対するお答えにはぜんぜんなっていないですね。でもお答えのしようがないんです、ほんとに。お互いに、自分の人生に自分なりの資本を注ぎ込んでこれまでずっと生きてきたわけですし、今さら急に変更もできないですよね。あなたはあなた自身の生き方の枠組みの中で、より自分を生かせる方法を模索された方が良いかと思います。

村上春樹拝