漱石の『こころ』と『坑夫』を読む

村上さん、こんにちは。
私は夏目漱石の作品が苦手だったのですが、最近仕事で読まなければならず、『こころ』を読み返したのですが、とても面白いと感じ、先が気になり(……といっても結末は知っていますが)、寝ても覚めても、暇さえあれば読みふけっています。私が漱石を読める年齢になったということでしょうか? 村上さんもこんな経験をされたことがありますか? 
(読める…読めるぞ、女性、30歳)

僕は実を言うと、今でも『こころ』が苦手です。どこがいいのか、正直言ってよくわかりません。意見があわなくてすみません。でも『こころ』って、新潮文庫でいちばんよく売れている本なんですよね。僕の方が変なのかもしれないな。ところでこのあいだ漱石の『坑夫』の英語版のための長い序文を書きまして、そのために『坑夫』を再読したのですが、僕はこの本が昔から(そして今も)なぜか好きなんです。変な小説ですよね。けっこうポストモダン的かも。

村上春樹拝