よい怒り方よりも必要なのは

村上さん、こんばんは。
村上さんは感情的になって大きな声で怒鳴ったり、キツイ言葉を言ってしまうことがありますか? 
わたしは、気持ちを整理する前に、ひどい言葉が先にでてしまって、相手を傷つけてしまうことが、たくさんあります。気をつけてはいるのですがうまくいかず、このままずっとこうなのかなと思うと、すごく悲しいです。
なにかよい怒り方(というのも変ですが)をご存知でしたらおしえてください。ほんとうは怒らないのが一番いいんですけどね。
よろしくお願いします。
(さおり、女性、27歳、テレフォンオペレーター)

僕にはそういう経験はほとんどありません。一度口から出てしまった言葉はもう元に戻らないので、きつい言葉はできるだけ口にしないように心がけています。 でも、そういうのってもう性格なんです。あなたのような方はよくいらっしゃいます。わあああっと言ってしまう。言ってから後悔する。でもそういう性格って、よほどのことがない限りまず直りません。だったら、口を慎むことはあきらめて、謝り方を練習なさると良いと思います。とにかく平謝りに謝る。「あんなことを言ってしまったけど、あれは本心じゃないんです。本当にすみませんでした」と真剣に頭を下げて謝る。謝り上手になりましょう。それしかありません。

村上春樹拝