猫を助けてあげたら

村上さん、こんにちは。
猫はちびっ子が苦手だと私も思っていたのですが、近所に少し変わった猫がいます。
幼稚園バスの集合場所である広いグラウンドに少し前まで捨て猫だった飼い猫がよくフラフラしているのですが、園児は彼女を水たまりに落としたり、水をかけ続けたり、ぶん投げたり、それはそれはひどい行為をしています。
でもなぜか毎日彼女から歩み寄っていきます。
ひどいことをされても、悠長に歩いて少し距離を置くだけで、どこかに逃げたりしません(なので園児が飽きるか帰るまでおもちゃにされ続けます)。
エサをあげたことは一度もありません。
園児は彼女にひっかかれたことも怒られたこともありません。

Mっ気たっぷりの猫なんでしょうか。
それとも、いつかエサがもらえると思って耐え忍んでいるのでしょうか。
すでにブクブク太っているのですが。謎です。

村上さんは、小さい子のイタズラに寛容な猫に出会ったことはありますか。
(元裸主婦、女性、36歳、主婦)

ずいぶんひどいことをする子供たちですね。猫をいじめてはいけません。あなたも浦島太郎みたいに、その猫を子供たちから助けてあげたらどうでしょう。そうしたらいつか猫宮城につれていってもらえるかもしれませんよ。猫宮城で猫姫さま(猫柳俊子さんにイメージが似ているかもしれません)に手厚くもてなされるかもしれません。鯛やヒラメも食べ放題で、肩こりもたくさんの猫たちに肉球でもみもみしてもらって、なおるかもしれません。石川猫木さんがあなたのために歌を詠んでくれるかもしれません。今度やってみてください。面白そうだ。

村上春樹拝