猫科よもやま話

はじめまして。
以前カナダの田舎で暮らしていた頃にネコを飼っていました。
名前は村上さん小説に出てくるネコにちなんで魚の名称から「サーモン」と名付けて
平和に暮らしていたのですが、ある日コヨーテに食べられたようで帰ってこなくなってしまいました。
村上さんは、人もネコも名前で人生変わると思われますか? 
(ふく、女性、53歳)

はあ、猫はコヨーテに食べられるんだ。知りませんでした。カナダって、けっこうワイルドなんですね。そういえば、このあいだ本を読んでいて、チータとかヒョウはライオンに食べられるんだということを知りました。猫科の人々も生きていくのは簡単じゃないんですね。

ところで「サーモン」の発音ってけっこうむずかしいですね。僕は初めてアメリカに住んだとき、魚屋さんで「salmon」と言ってもなかなか通じずに困りました。練習して、そのうちに通じるようになりましたが。「whole wheat」もけっこうむずかしいですが。

村上春樹拝