「闇」について教えてください

普段は意識していませんが、ときどき自分の心の中を覗き込むと、闇のようなものが渦巻いているのをかすかに感じます。得体の知れない、暗闇を好む、狡猾な存在です。いまのところはうまく折り合って、仲よくやっています。
そこで質問です。
心の闇って、誰もが持っているものでしょうか。
ものすごく笑顔あふれる健康的な人でも、人知れず心の闇は抱えているものでしょうか。
村上さんは心の闇から小説をひっぱり出しているような気がするのですが、違いますか? 
(ねこジェラシー、男性、37歳、地方公務員)

誰の心の中にも闇のようなものはあります。しかし詳しく観察してみると、その闇にも「良い闇」と「悪い闇」があります。ホワイト・マジックとブラック・マジックのように。スティーブン・キングの小説『ザ・スタンド』と同じですね。闇が全部悪いものではありません。役に立つ闇もあります。役に立つ細菌がいるのと同じように。あなたはその「良い闇」をうまく味方につける必要があります。闇がまったくなければ、それはそれで人間は薄っぺらになってしまいます。しかし悪い闇に利用されると、人は多くの過ちを犯します。注意深くなること、光のありかを常に頭の中に入れておくこと、あなたなりの個人的護符(タリスマン)をみつけること、それが大事になります。

村上春樹拝