公用語が英語になったら

会社の公用語が英語になる事について、どう感じますか? 
僕は一応仕事の英語は対応できるはずなので、自分自身は、そのうち慣れちゃうと思うのですが。
なんだか、今の時代それは当たり前の流れのような。
そうはいっても、文化的に? コミュニティとし、そこまでやらなきゃいけないものなのか? 
まだイマイチすっきりと腹に落ちていません。
(kubotech、男性、44歳、会社員)

会社勤めをしたことがないので、会社の仕組みはもうひとつよくわからないのですが、僕はとにかくこうして日本語で小説を書いている人間なので、急に「明日から英語を公用語にする」なんて言われたら、頭が混乱して、どうしようもなくなってしまいます。いくら国際化社会といっても、そこまでする必要はないだろうと、僕は個人的に思いますけどね。言葉で細かいニュアンスを伝えあうというのは、とても大事なコミュニケーションですし、外国語で細かいニュアンスを出すというのは、とてもむずかしいことです。そんなに簡単に「明日から英語を使いなさい」なんてわけにいきませんよね。

ただ僕は外国のメディアのインタビューに関しては、できるだけ英語で受け答えをするようにしています。たとえニュアンスが多少乏しくなったとしても、通訳を通さずにじかに話し合うということは、相手の人柄を知る上でとても大切なことですから。そういう使い分けみたいなのが大事なんですよね。僕はそう思います。

村上春樹拝