古墳に寝転んで見上げた空

はじめまして。
村上さんにこの質問を読んでもらえるだけでもハッピーな気持ちになってしまう32歳の男です。
私は30代になってから突然古代文明に興味が湧いて、休みの度に地元の古墳などを見て回るのが趣味になってしまいました。
そんな折に同じく村上さんのファンである友人から、「『風の歌を聴け』に古墳について書いてある箇所がある」と教えて貰い、改めて読んでみたら確かに鼠が古墳について言及している箇所がありました。結構重要な場面のような気がします。
そしてそれが私が古墳に行って感じることと似ていたので衝撃を受けました。

そこでもしかすると、村上さんも古墳というものに興味を持った時期があったのでは、と思ったのです。
村上さんの出身地の兵庫県にはたくさんの古墳がありますし……。
もし村上さんにとって思い入れのある古墳などがあれば教えて頂けませんか? 
機会があれば行ってみたいなと思いますので。
よろしくお願い致します。
(Yusuke Makita、男性、32歳、会社員)

僕は『風の歌を聴け』についてはあまり多くを覚えていないのですが、その古墳の部分はなんとなく覚えています。学生の頃、一人で奈良に行って、ある古墳(名前は忘れました)で半日寝転んでいたことがあります。草の中に寝転んで、空を眺めていました。訪れる人もほとんどいない、静かな古墳でした。そのときのことを思い出して書いたんだと記憶しています。

村上春樹拝