ますます悶えそうですね

ラッセル・バンクスを訳してください……!(断末魔)
学生時代に『狩猟期』を読みノックアウトされました。日本語訳で出たものはすべて読みましたが、当方は英語に弱いため、原書に手が出せません(「バンクスの原書」という字面だけで気絶しそうです)。『バースデイ・ストーリーズ』経由で知った作家ですので、訳者である村上さんに責任をとっていただきたいのですが……。
(ダブダブ、男性、27歳)

ラッセル・バンクスいいですよね。僕も大好きです。彼の短編集はお読みになったことがありますか(翻訳はでていたっけな)? 長編小説とはまたひとつ違った魅力があります。この前ニューヨークでバンクスさんに会ったとき、彼のある短編小説の話になったんですが、「ああ、あれね、全部そっくり本当にあったことなんだよ」ということでした。一人の貧しい青年がフロリダの百貨店で働く話です。けっこう面白い話なんですよ、これが。
バンクスさんはいろんな話をしてくれました。

今のところ、諸処の事情により、僕がバンクスさんの本を翻訳する予定はありません。ところで「Rule of the Bone」はとにかく素晴らしい長編小説です。まだ翻訳されていないのかな? みたいなことを言うと、悶えちゃうかもね。ますます悶えてください。

村上春樹拝