よく目を開き、耳を澄ませること

村上様へ

こんにちわ! 私の名前はゼイナです。ルーマニアから来ました。大学で、二年生の学生です。日本語と韓国語とフィンランド語を勉強しています。
高校生のときから、村上様の小説が大好きでした。どうしてですか? いつもあなたの小説読むと、自分の世界に入ったから。その言葉を読んで、私の心が「あ、同じだ! このキャラクターの思い出と意見、私もだ!」と言いました。あなたの生み出したへんな世界は私の心に家見たいでした。もちろん、数年後で私は枯れまして、ちょっと変わりましたが、私の一番好きな作家が変われませんでした。

I hope my yet so advanced Japanese did not bother you. I really wanted to write everything in Japanese, but time is running short and I have lots of Kanji to study for my exam. That's why, I will try to be as direct as possible.
Firstly, I noticed your stories often have Kafka references. Apart from him being one of your favorite writers, I presume, how does his work/views influence yours? 
Secondly, have you ever been to Finland? Finland is one of my favorite countries and after reading "Tzukuru Tazaki..." I couldn't help asking myself if maybe you have a special connection with that country too. Don't you think that Finnish people and Japanese people seem to have an awfully lot of things in common? 
Thirdly, at which point in your life you decided that writing was the thing you had to do? I've been writing since I was 10 years old, but my stories and thoughts are scattered everywhere, unfinished, in notebooks and documents. Sometimes I think that I may lack consistency and the discipline to become a writer, but then I think that I may have not found the right story yet. Do you have any advice for a young, struggling person like me? 

Again, I am sorry for any mistakes I may have made in Japanese. I just wanted to express how much I admire what you do. When you have time, do visit Romania. We have sheep, salt mines, and beautiful views.

Thank you for everything! 
よろしくおねがいします! 

With great admiration,

Zeina
(ゼイナ、女性、20歳、学生)

いつも本を読んでくれてありがとう。三つ目の質問に答えますね。

僕が小説を書き始めたのは、29歳の時です。それまでは小説というものを書いたこともありませんでした。ただ本を読んでいただけです。あなたはまだ二十歳ですよね。小説が書けなくても、小説に書きたいことがまだきちんと見当たらなくても、それは当たり前のことです。何も気にすることはありません。たくさん本を読んで、いろんな体験をして(楽しいことも悲しいことも)、いろんな人に会って、できることなら激しい恋愛をするといいと思います。そうしているうちに、「これが書きたい」ということが自然に出てきます。よく目を開き、耳を澄ませていること。小説を書こうとしている人にとってはそれが大事なことになります。まず生きることです。それも注意深く、全力で生きること(不注意に中途半端に生きていてはあまり勉強になりません)。がんばってね。

村上春樹拝