「やたろうくん」も引退しました

こんにちは。
他の方へのメールでヤタロウこと坂元弥太郎さんのことがあったので、坂元弥太郎さんが選手生活の最後を過ごした西武ファンとしてお知らせします。
坂元弥太郎選手は『ヤタ』の愛称で呼ばれていました。中継ぎとして、僅差の試合では打ち込まれる場面がありましたが、大量リードや大量ビハインドの試合では安定してロングリリーフもこなすことができたため、ブルペンでは貴重な存在でした。13年オフに戦力外通告を受け、トライアウトでも声がかからず、引退されました。

引退後はすぐに4月からオーダースーツの専門店に勤め始め、西武やヤクルトへも営業で出入りしているそうです。さらに埼玉県のクラブチーム新波から選手兼任コーチとして熱烈なオファーを受け、そちらで野球も続けていらっしゃるそうです。ぼくも西武ドームでは同い年ということもあり、ヤタを応援し、野次を飛ばしました。野次は期待の大きさの裏返しなのでぼくはアリだと思うのですが、どう思われますか? 日ハムのピッチャーなんかが、ノックアウトされたのに温かい拍手に包まれながらベンチへ引き上げていく姿なんかは、もう気の毒で見ていられません。「おまえの実力にしてはよくやったよ」とファン全員から言われてるみたいで。

ヤタを野次ることはもうありませんが、野球を続けているなら応援してあげたいです。村上さんに応援されたらヤタも嬉しいと思います。
このメールはぼくの個人的な思いで、日ハムファンの方が嫌な思いをされるのは不本意なので、返信不要でお願いします。
ただパソコンのヤタロウのことを村上さんにお伝えしたかったので。
(マツショウ、男性、31歳、弁当屋)

情報をありがとうございました。うちの弥太郎をかわいがっていただけたようで、感謝しております。僕が「やたろうくん」と名付けた VAIOのパソコンもずっと前に引退しました。野球選手引退後のやたろうくんにも拍手を送りたいと思います。

返信不要ということですが、ぜんぜん大丈夫な内容だと思いますので返信します。あなたの言っていることはもっともだと思いますよ。でも打たれて帰ってくる投手に拍手を送るのは、「この次はがんばれよな」ということでもあると僕は思います。それはそれでいいのでは? 僕自身は、打たれて戻ってくる投手にはヤジも飛ばしませんし、拍手も送りません。投手にとってはどちらもそれなりにつらいと思いますので。

村上春樹拝