橋でつながるミュン島の思い出

村上さん、こんにちは。
私はデンマークに住んで13年目になります。
実は、日本にいた時はなぜか村上さんの作品を手に取ったことがありませんでした。それが、こちらでの村上春樹人気に驚き、遅まきながら読み始めてすっかり虜になった、スロースターター・ファンです。

村上さんは、確か2010年にMoen島にシンポジウムでいらっしゃいましたね。
私は残念ながら行けなかったのですが、美しいMoenの断崖の景色や自然を堪能されましたか? デンマークの印象はいかがでしたか? 

13年も暮らすと、この国のいいところもそうでもないところも両方見えてきますが、美しい自然と、思ったことを気兼ねすることなく言える、意見の違いをとことん話し合える環境と、民主主義社会がしっかり根付いているところがとても気に入っています。

私が住むのは、あそこからさらに橋を渡り、10秒ほどで抜ける短い海底トンネルをくぐった先にあるロラン島Lollandというところです。Moenとは違いまっ平らな大地と大空の間にたくさんの風車がまわっていて、「パンケーキの島」と呼ばれています。

またデンマークに来られる機会はありそうですか? 
その際には、ぜひロラン島にも寄ってくださいね。とても田舎ですけれど、ここにも村上さんのファンが大勢います。世界一おいしいチーズと、世界でここだけのチェリーワインを用意して、みんなで首を長くして待ってます! 
(aTree、女性、49歳、Forfatter・ジャーナリスト・コーディネーター・コンサルタント)

ミュン島はなかなか素敵な島でした。三日くらい滞在したのですが、のんびりと島での生活を楽しむことができました。でも島といっても、ほとんどの島が橋で行き来できるようになっているんですね。デンマーク各地から僕の本の読者が島に集まってきてくれて、みんなで和気藹々とシンポジウムをやりました。僕がお世話になったおうちには二匹の猫がいて、毎日その猫たちと仲良く遊んでいました。島をジョギングするのも楽しかったです。車なんてほとんど走っていなくて。また行きたいな。

村上春樹拝