ご自分に関してのブログを読みますか?

遅れてきた読者です。
村上さんは、評論家ではない一般の読者が、村上さんの著書や行動についてWeb上でブログなど様々な形で発表したり、議論したりしている文章を興味深く読み、思わず「いいね!」ボタンを押してしまったり、にやにやしてしまうようなことはあるのでしょうか。
私は、村上さんの新刊を読んだ後、多くの人の感想を読むのも楽しみにしています。
(ペリック、男性、51歳、零細IT会社役員)

僕は内気な性格なので(ほんとに)、自分に関して書かれた文章は極力読まないようにしています。もちろん何かの理由で必要だと思えるものは読んでいますが、できるだけ近づかないようにしています。僕の本の書評も読まないようにしています。

でも雑誌で他の人の本の書評なんかを読んでいると、最後の方に「とにかくこの小説の素晴らしさに比べれば、村上春樹の小説なんてまったくカスみたいなものだ」とか書かれていて、「おっと、そんなところで急に出してくるなよな」とか思います。困ったものです。比較に持ち出さないでほしい。一時期ジョン・レノンを賞賛するために、「それに比べればポール・マッカートニーは……」なんてよく書かれていました。「ポール、気の毒に」といつも思っていたんだけど、人ごとじゃないですね。

村上春樹拝