花屋を経営するのに役立った言葉

春樹さん、こんにちは。

私、花屋を開業して10年になります。
経営の勉強もしたことがない中、なんとか、そこそこやってこられたのは春樹さんの本のおかげです。今日は本の中で役立った言葉Best3をお伝えします。

第3位
良いニュースは、小さな声で語られる

もうだめーと思ったとき、じたばたしながら耳をすませると、いつもどこからかニュースが聞こえてきました。いつも肝に命じています。短いけど、とても大事にしている言葉です。

第2位
お店を始めるときは、道に座って道ゆく人の顔をながめる

ちょっと原文と変わったかもしれませんが、経営上手なおじさんの台詞にありましたよね! 実践しました!! 良かったです!!! 

第1位
優雅に生きることが一番の復習

どなたかの引用だったかもしれません。悔しい思いをしたときは、この言葉を胸に優雅に乗り越えてきました。そのうちに、嘘みたいに、悪人は消えていきました。魔法のように。
夢見がちな甘ちゃんひとりっ子の私ですが、お店を運営することで、たくましく、筋力がついてきました。

意外と、商売にむいてたようです。

ハードな日もありますが、生きている実感を感じられる楽しい日々です。
きついときは、春樹さんの本が支えです。

先のことは分かりませんが、これからもステップを踏み続けます。


お礼もかねて、お伝えさせていただきました。
(リリー、女性、25歳、花屋)

第三位と第二位については、僕はよく覚えていません。そんなこと書きましたっけ? どこに書いたんだろう。思い出せません。すみません。

第一位(「復習」ではなくて「復讐」ですよね)はスコット・フィッツジェラルドのお金持ちの友人、ジェラルド・マーフィーの好きだった言葉です。Living well is the best revenge. もともとはどこかの国の諺だったと思うのですが。何を言われても何をされても、あえて仕返しをしたりはしない。こうやって優雅にぬくぬくと生きていることが、それを見せつけてやることが、いちばんの仕返しになるんだ、と。なかなか懐の深い考え方ですよね。僕は半ば冗談で「金持ち喧嘩せず」と意訳してますが。

店を開く前に、その場所に座って、道行く人々の顔をただじっと眺める。これは文章として書いた覚えはないんですが、僕が商売を始める前に実際にやったことです。土地勘をつかむためには必要な下調べです。通行人の数までかぞえました。それくらいみっちりやらないとお店ってできません。まず綿密に情報を集めること。

でもとにかく、花屋さんの経営がうまくいっておられるようでなによりです。そう聞いて、僕としても嬉しいです。何かのお役に立てたのならそれにまさる喜びはありません。

村上春樹拝